JHNA健康通信バックナンバー

月1~2回配信しているメールマガジン【JHNA健康通信】のアーカイブ!

第81号 あなたの体型は洋ナシ型?リンゴ型?それともマンゴ-型?

   最高の健康を手に入れよう! 81 号
 ○●━━━━━━━━━━━━━━━━●
 ●  J H N A 健 康 通 信   
 ○                   
 ● 最新のホリスティック/ストレス栄養学で
 〇 いつまでも若々しく、健康&ハッピーに!
 ●━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 このメールマガジンは、
 *健康情報が多すぎて何を信じたらいいのか
  わからない。
 *体のどこも悪くない、健康のはずなのに
  体調がすぐれない。
 *実年齢より、10歳若がえりたい!
 *とにかく、健康レベルをアップさせたい!

   そんな、あなたのためにお届けします。



 買って初めて着たブラウスに、
 さっそく油ジミをつけてしまって
 落ちこんでいる

 ホリスティック栄養学修士&
 酵素栄養学スペシャリスト

 ナターシャ・スタルヒンです。

 どうも私は、昔っから、シミを
 つけずに服を着ることができない
 みたいなのよね。

 服という服には、かならず
 どこかにシミが・・。

 もっちろん普段から細心の注意を
 はらって、シミをつけないよう
 気をつけているつもり

 だけど、ハッと気づいたときには
 すでに、遅し・・あ~~ぁ。
 (しかも、バスト上あたりに
  集中している!)

 料理するときも、食べるときも
 アブちゃんが必要なのサ。
 (↑ 赤ちゃんのよだれかけのこと)

 さあ~それでは、今日も元気に
 いってみようか~っ♪


 ☆  皮下脂肪、内臓脂肪&第三の脂肪
 ★☆------------------------------

 前号では、栄養素としての脂質に
 ついてのお話しをしたけれど、

 今回はあなたの体のあらゆる
 ところにまとわりつく体脂肪に
 ついてみていこうね。

 皮下脂肪や内臓脂肪などの
 脂肪組織(体脂肪)は、

 単純に中性脂肪をため込んで、
 必要なときにエネルギー源と
 なるためだけに存在するものって、
 長いあいだ考えられてきたのね。

 でも、近年の研究の結果

 脂肪組織はさまざまな生理活性物質を
 産生する巨大な内分泌器官である
 ことが分ってきたの。

 今回から何号かにわけて、上記を
 ふくめ、体脂肪についてお話し
 していきましょうね。

 【体脂肪】って、一般的には、
 「皮下脂肪と内臓脂肪をあわせたもの」
 って、表現されることが多いよね。

 (本来は血清脂質や細胞膜を構成する
  脂質など体内のすべての脂質・
  脂肪を含めるべきだけど…)

 これらにつづいて、第3の脂肪として
 最近注目を集めているのが、
 「異所性脂肪」。

 皮下脂肪や内臓脂肪の貯蔵許容量を
 こえて体内に中性脂肪が増加すると、

 筋肉や心臓、肝臓、膵臓など、
 本来脂肪をためるべき脂肪組織
 以外に脂肪がたまるように
 なっちゃうのね。

 異所性脂肪が肝臓にたまると
 脂肪肝が発生し、骨格筋や膵臓に
 たまると糖尿病の原因に。

 心臓にたまれば、心不全を招く
 恐れが…。

 意外なことに、異所性脂肪は
 皮下脂肪の細胞数がもともと
 少ない人ほどつきやすい
 ことがわかっているの。

 一見やせてみえる人でも異所性
 脂肪が蓄積している可能性が
 あるってことよっ!

 もともと日本人は少し太っただけ
 でも病気になっちゃう、肥満に
 弱い民族っていわれているの。

 異所性脂肪って、内臓脂肪と
 同じようにたまりやすく
 減りやすい性質をもっているから

 摂取する油脂の量や質に注意を
 すると同時に日々の活動量を
 増やすようにして

 蓄積を防ぐようにしなくちゃね。


 ☆ 体脂肪のつき方の特徴
 ★☆-------------------

 体脂肪のつき方の特徴としては、
 リンゴ型と洋ナシ型に分けて
 説明されることが多いね。

 女性に多い、洋ナシ型というのは、
 ようするに、下半身デブのこと。

 女性は妊娠時に子宮を守ったり、
 体温を保持したりする必要が
 あるので、

 女性ホルモンの働きによって、
 下半身に中心に皮下脂肪が
 つきやすくなるのね。

 皮下脂肪はなかなかエネルギー源に
 ならない… つまり、とても
 消費されにくい性質があって、

 一度蓄積してしまうと、長期貯蔵を
 覚悟しなければならなくなっちゃうの。

 男性は、女性よりも筋肉量が
 多いから皮下脂肪より内臓脂肪が
 多くなる傾向があって

 お腹のまわりにつきやすいことから
 リンゴ型っていわれているの。

 内臓脂肪は皮下脂肪より代謝が
 活発だから蓄積しやすいけど、
 消費もされやすいの。

 女性でも閉経後は、男性のように、
 内臓脂肪がたまりやすくなる。

 下半身とお腹まわりのダブル
 パンチになっちゃうってことね。

 体脂肪のつき方の特徴としては、
 一般的に、この洋なし型とリンゴ型で
 考えられるのだけど

 酵素栄養学の観点からいうと、
 この2つの中間型に、マンゴー型
 というのがあるの。
 
 マンゴー型は、リンゴ型同様、
 お腹まわりに脂肪がつきやすいけど、

 おへその横あたりを鷲づかみに
 してみると、

 リンゴ型は脂肪をあまりつまむ
 ことはできず、お腹全体に
 浮き袋でも入っているような感じ。

 対するマンゴー型は、しっかりと
 分厚いお肉がつかめるのね。

 リンゴ型は内臓脂肪が多く、
 マンゴー型はお腹まわりに
 皮下脂肪をつけちゃって
 いるのだけど、

 皮下脂肪+内臓脂肪の
 マンゴー型も多いの。

 リンゴ型の人は生活習慣病に
 悩まされる傾向にあり、

 マンゴー型もその傾向はあるけど、
 むしろ、うつ症状や頭痛、不眠症で
 悩まされるようになったり、

 甲状腺のトラブルのほか、腎臓や
 肝臓の機能低下がみられケースが
 多いみたいよ。

 ちなみに、リンゴ型は主として、
 プロテアーゼという酵素が不足
 傾向であり、

 マンゴ型は主としてアミラーゼ
 不足ということがいわれているの。
 (洋なし型は主としてリパーゼ不足)

 いずれにしろ、自分の食生活と
 体脂肪のつき方の特徴をしっかり
 つかんだうえで

 余分な脂肪を落していくための
 対応策を考えなくてはね。


 今日の授業は、これで終り。

 それでは、起立~~っ!

 礼 <(_ _)> 。 

 解散~~ん!!


 ☆ あとがき
 ★☆-------

 フェイスブックを昨年から
 はじめたんだけど、

 ダイエットの関心度が高い
 ということから、

 体脂肪のことや、正しい
 ダイエットについて書いて
 いくことを決めたの。

 でも、日々の忙しさから、なかなか
 思うように記事をアップできなかった。

 で、新年のあいさつで、
 「今年こそ定期的に記事をアップして、

 あなたのサポートするよ~っ!」
 って書いのね。

 でも、でも、でも・・・

 なんと、その新年挨拶以後、いまだに
 一回もアップできずにいるの。

 書こう! という思いはあるのよ。

 2月くらいまでは、前回の記事の
 つづきを書かなくっちゃって
 思っていたけど、

 3ヶ月を過ぎるころから、「つづきを
 書くにも、前の記事のことなんて
 忘れているだろうな~」

 と思うと、だんだん気が重くなり、

 5ヶ月もあいちゃうと、さすがに書くに
 書けなくなっちゃった。。。

 でも、せっかくはじめたフェイスブック。
 ここで、めげるわけにはいかない。

 ということで、心機一転!!

 今月中には、かならず、また

    書きはじめますから~~~っ!
     (応援してねっ!)


 あなたが、最高の健康を手にいれ、
 いつもハッピーでいられますように…。


 2014. 5. 20
 ===========================
 ■発行者:
 Japan Holistic Nutrition Association(JHNA)
 一般社団法人
 日本ホリスティックニュートリション協会

 ◆協会サイト: https://j-hna.org
 ◆情報サイト:
    https://jhna-stresscare.info

 ■無断での転載・コピぺは厳禁!
 Copyright(C)JHNA/Natasha Starffin 
    All Rights Reserved.
 ===========================