JHNA健康通信バックナンバー

月1~2回配信しているメールマガジン【JHNA健康通信】のアーカイブ!

第219号 睡眠とストレスの深~い関係

ストレスと睡眠―コルチゾールとメラトニンの関係

良質な睡眠がストレスケアには不可欠だと心底思っている、ホリスティック栄養学修士、ストレスニュートリショニストのナターシャ・スタルヒンです。

でも、近々出版になる私の新刊で睡眠のことには、触れなかった。栄養面にフォーカスしたから。

なので、今日は、ストレスと睡眠について、とくに、コルチゾールとメラトニンの関係について、伝授したいと思っているのサ。

さあ、今日も元気に、いってみようか~~っ♪ 

 

☆ 睡眠と深く関わるホルモン
★☆---------------------------

ストレス時に副腎皮質から分泌されて、私たちの身体を守ってくれるのが、「コルチゾール」というホルモン。

(抗)ストレスホルモンと呼ばれるけど、コルチゾールは身体のさまざまな働きにも、かかわっているの。

朝目がさめる、あるいは夜眠くなるタイミング、いわゆる生体リズムも、コルチゾールによってコントロールされているのよ。

このときコルチゾールのパートナーになるのが、「メラトニン」というホルモン。

脳内の松果体から分泌され、コルチゾールとの共同作業で、体内時計を整えてくれるの。

コルチゾールは朝の目覚めのカギを握っているのだけど、メラトニンは、リラックスと眠りのスイッチなのね。

そして、これら2つのホルモンは、シーソーみたいな関係にあるの。

朝になるとコルチゾールが上がって、メラトニンは、グ~ンと下がる。

夜になると逆転。コルチゾールが下がることで、メラトニンが上昇。

コルチゾールとメラトニンのこうしたバランスが維持されていることで、スムーズな眠り、そして、スッキリ目覚める朝が迎えられるのね。

 

☆ ストレスと睡眠の関係
★☆----------------------------

良い睡眠のためには、メラトニンがキチンとつくられ、分泌される条件を整えることが大切だけど、同時にコルチゾールレベルの最適化を図る必要があるの。

ストレスが長引くと、コルチゾールは分泌されっぱなしで、1日中、高い状態がつづくことになる。

コルチゾールが下がってくれないと、せっかくのメラトニンは上昇できず、良質な睡眠がとれないことに・・!

睡眠不足はストレスを増幅させるから、コルチゾールレベルは、ますます下がらなくなってしまう。

悪循環ね。

この悪循環をたちきるには、適切なストレスケアで、コルチゾールレベルを下げることを考えなくちゃ。

それには、瞑想や呼吸法、適度な運動、森林浴をはじめ、さまざまなリラクセーションをふくむ、適切なストレスケアが必須ね。

もっといえば、朝高く、夜低くなるコルチゾールリズムをとりもどし、メラトニンとのシーソーの関係をしっかり保てるようにするために、朝食、昼食、夕食での糖質のとり方に、目を向けること。

コルチゾールリセットのための糖質の摂取法については、今回の本に、しっかり書いているので、ぜひ、読んでね!

今日の授業は終わり!

それでは、起立~~っ!

礼 <(_ _)> 。

解散~~ん!!

 

★  あとがき
★☆---------------

長いモグラ生活で、あまりにも身体が鈍ってしまったので、フィットネスジムに入会することに・・・。(3年前からそのつもりで、やっと今になって実現)

先日、はじめて行ってみた。

着がえて、ジムエリアに移動するため、スニーカーをもって、ロッカールームの出入り口にいったところ、先にいた女性が私の足元を見て、目が点に・・・。

自分の足元に目をむけてみたら、スリッパをはいていたのだけど、出入り口にはスリッパ置きはないし、まわりのみんなは、裸足。

ヤバっ!

トイレのスリッパをはいたまま、歩きまわっていましたから~~っ!!

あなたが、最高の健康を手にいれ、 いつもハッピーでいられますように (^^♪

 

♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪
出版記念無料ダウンロード キャンペーン
お友達、お知り合い、また、SNSなどで、下記URLをシェアお願いします!。
https://j-hna.org/newbook.html

上記から事前登録していただくと、12月19日前後に無料ダウンロードのURLをお知らせするとともに、出版記念セミナー参加の予約ができるようになります。

シェア、よろしくっ!
♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪

 

>>今日のおすすめリンク

★睡眠の質を上げるための習慣、睡眠環境、食べ物/飲み物&ストレスケア

★第183号 眠れる食材&眠れなくなる食材

★第185号 良い睡眠は、朝食から

   

2023. 12. 8

=======================
■発行者: ナターシャ・スタルヒン

Japan Holistic Nutrition Association(JHNA)
一般社団法人
日本ホリスティックニュートリション協会

◆協会サイト: https://j-hna.org
◆情報サイト: https://jhna-stresscare.info
◆講座サイト:    https://stressnutrition.jp

■無断での転載・コピぺは厳禁!
Copyright(C)JHNA/Natasha Starffin
    All Rights Reserved.
=========================